介護ロボットの開発の実用化に向けて

バナー

介護ロボットの開発の実用化に向けて

医療イノベーション5か年計画が策定され、その中で高齢者や介護現場のニーズに応えるロボット技術の研究開発及び実用化を促進することとしています。

このような計画が策定された背景には高齢者人口の増加と介護ニーズが増大し、介護者の腰痛予防対策の必要性や労働者人口の減少があります。


今後もこの傾向が続くものと見られ、より一層ロボット推進の必要性が言われています。現在は福祉用具を活用することで高齢者の自立と社会参加を支援し、介護者の負担軽減に繋がり、その役目を果たしていますが、更に踏み込んだ支援を行っていくためにはロボット技術の革新が必要とされています。

実用化されるとロボットは高齢者や障害者に対しての援助を行います、自宅で生活する高齢者や障害者に対して、施設で生活する高齢者や障害者に対して援助を行っていきます。


自宅であれ、施設であれ、実用的であることと使い勝手の良さが求められます。

そのためにはどのような場面において、どのような援助が必要かが重要となります。

ロボットを使用する側と援助される側とが互いにメリットとなる必要があります。

介護は人と人との繋がりが大事であり、心と心が通い合うことが援助を行う上で重要と言われていますが、ロボットとも関係を結ぶ必要があります。
ロボットに対しての信頼関係を築くことが大事になります。

これからの時代は人と人との関係だけでなく、人とロボットとの関係を築き、共生していく必要性が求められることとなります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/446936/
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000G6Z9F
http://news.mynavi.jp/news/2016/02/19/111/

東京のサービス付き高齢者向け住宅

東京の住宅型有料老人ホーム

介護付き有料老人ホーム